これから の 日本 どうなる

これから どうなる

Add: yjuvu96 - Date: 2020-12-11 06:39:07 - Views: 7276 - Clicks: 4074

米国、シェールガス対日輸出開始へ[東京電力] ロンドン市内のタクシー、温暖化ガス排出ゼロ車種以外の新規登録不可に 中国、R&D支出において日米EUなどを抜き世界トップに インド18基の原子力発電所を新設 中国、実質GDPで米国を抜いて世界1位になる インドの人口が14億人を超え、世界1位となる ドイツ、原子力発電所を全廃 中国が、独自の宇宙ステーションを完成する 中国の総人口(13億超)が、このころ減少に転じる 世界の人口が80億人に到達 6大新興国BRIICKs が年以降の世界経済成長の半分以上に寄与 (ブラジル、ロシア、インド、インドネシア、中国、韓国) インドの人口が中国を超える インドの名目国内総生産(GDP)が、日本を抜いて世界3位の規模になる ドイツの自動車大手フォルクスワーゲン社(VW)が、この年までに約70車種の電気自動車(EV)を市場投入する(グループ全体) この年までに米国が月の上空に宇宙基地を建設する(年代。日本政府も参加) 昆虫の数が、1/4減少する(10年後。年2. 中国政府(取り締まる者)が犯罪と判断すれば犯罪になる のです。. もう一つ、雇用で注目を集めるのが、高齢者雇用である。日本は約1億1千万人の15歳以上人口のうち、65歳以上がおよそ3200万人を占める。若年人口が減るなかで、慢性的な人手不足の解消には、女性の活躍拡大と並び、意欲と能力のある高齢者が働き続ける社会の実現が求められる。 図3には人口に占める就業者の割合である「就業率」の推移を、60~64歳と65~69歳について求めた。 農林漁業での就業がいまだ多かった1960年代では、60~64歳の6割近く、65~69歳でも5割近くが働いていた。それが高度成長期を経て、定年のある雇用者として働く人々が増えると、高齢就業率は低下していく。 1970年代までは55歳を定年とする会社が多かったが、1980年代には60歳定年が企業の努力義務とされた。そのため1990年代初めには高齢者の就業率は一時的に上昇したものの、再び低下を続ける。65~69歳に至っては、年には3人に2人は仕事から引退するまでになった。 その後、年金支給開始年齢を60歳から65歳に引き上げるのに伴い、年には60歳定年者のうち、希望者全員を65歳まで継続雇用する制度導入が企業に義務付けられた。その結果、60~64歳の就業率は年に1960年代前半の水準を回復した。今後も60歳代前半の就業率は着実に高まっていくだろう。. 高梨沙羅選手や、羽生結弦選手はどうやって育ったか。指導要領がなかったからよかったのです。彼らの成長は、親、関わった先生、コーチのテーラーメイドの力によるものです。ピアノでもスポーツでもなんでもそうですが、頭角をあらわした子をひっぱることが必要です。 例えば、錦織圭選手を見出したのはソニー創業者・盛田昭夫氏の弟・盛田正明氏です。テニス協会の会長だった氏が個人的に財団を作り、錦織選手をフロリダに留学させたのです。 つまり、盛田氏が個人的な財団の中で才能を伸ばしてやったということです。日本の中では、あのような選手は育ちません。 才能を引き上げることを教育システムとしてうまくできている国はまだありませんが、アメリカの場合にはそういう人間を許容する制度があります。 例えば高校生の娘が宇宙飛行士になりたいと言ったら、宇宙飛行士を育てることをカリキュラムにしている高校があるんです。高校のバラエティがいっぱいあるのです。 私は、教育を変えるのは親しかいないと思っています。だいたい日本の母親というのは2通りしかいません。「サボっているとお父さんみたいになれないよ」とたいしたことのない父親でも良い見本とする母親。 もうひとつは「サボっているとお父さんみたいになるよ」と父親を悪い見本とする母親。そうではなく「あなたの生きたいように生きなさい。その代わり、何をしたいのかちゃんと言ってごらん」といったその会話から親はスタートしなければいけないのです。 ドイツでは約6割の人が職能学校に行きます。小学校の4~5年くらいから将来を親と語り、学校の先生のカウンセリングも受けて、大学に行くのか違う道を行くのかを選びます。職種も350ぐらいあるので、その中で何をやるかを考えていきます。 中学の2年か3年の時から訓練を始めると、18歳くらいまでにはだいたい腕に覚えが出てくる。これは「将来何をやりたいの?」という会話からスタートした結果なのです。日本にはこれがありません。 「勉強しなさい」「宿題しなさい」と言うけれど、宿題をやって学校の先生の言うことを聞いてもろくな子は育たないのです。何故、親は学校の先生の言うことを聞けといって送り出すのでしょうか。 「本当は何をやりたいの?」というところからスタートすると、学校に2日行かなくてもいいから別のことをやってみる。あるいは、会社そのものに高校時代から実習で.

消費税10%でこれから日本はどうなる? 本日11月11日から17日までの1週間は「税を考える週間」です。 消費増税がいよいよ10月よりスタートしましたが、ポイント還元制度などの対策があるものの、増税されることで日本の景気はどのように変化していくの. これから の 日本 どうなる これは5gの低遅延性が寄与し、遠隔医療へと発展が期待されている。特に新型コロナウイルス感染症患者を非接触治療したり、遠隔地から外科手術をしたりするなど、医療の可能性を広げそうだ。 新型コロナウイルス感染症との関連についても触れておこう。. 5月25日に緊急事態宣言が解除されてから約1カ月がたった7月2日、東京都の新型コロナウイルス新規感染者数は再び増加し始め、7月7日時点で、6日. ガス小売業への参入が全面自由化 厚生年金保険料が18. 【nhkニュース】 日本の感染者や死者は世界よりは少ないけれど、これまでの封じ込め策は成功したの?ウイルスって撲滅できるの?終わりはいつ. コロナウイルス対策として、様々な経済対策が打たれています。今後の日本経済はどうなるのか心配ですが、同時にその経済効果が注目されています。 バブル崩壊以降も様々な経済対策が打たれましたが、経済対策はどのように影響してきたのでしょうか? これまでの経済対策を確認し、経済.

3%に。団塊の世代が全て75歳以上に。 国民医療費が61兆円に(年45兆円) 会社員一人当たりの保険料が年収の約3割へ これから の 日本 どうなる 日本の人口が1億万人を下まわる 国内14万の橋梁のうち、47%が寿命を迎える 人口に占める75歳以上の後期高齢者の割合が60%に達する リニア中央新幹線(東京―名古屋間)が開業する 東京渋谷の新しい駅ビルが全面開業する インターネット通販の普及で、日本のトラック運転手が現状比で約2割多く必要になる(必要数は96万人。24万人の不足) このころ医師の需給が逆転し、供給過剰になる(医師不足が解消) 小型のコミュニケーションロボットが、1人. q これから日本はどうなるのか・・ 日本の将来に不安を感じている40才の会社員です。 みなさんは今の日本の現状に不安を感じたりしませんか? 犯罪の増加・凶悪化。教育のありかた。あらゆる世代のモラルの低下。 経済の停滞(悪化?. それでは、日本経済が「良くなる」、もしくは、「悪くなる」の判断材料について考えて. 先日配信した本田健のFacebook LIVEの後、多くの方から、もっと話を聞きたいです!. 4% 東京都の人口が1336万人でピークに JR山手線の田町~品川駅間に新駅開業 人口頭脳プロジェクト「東ロボくん」が東大合格 電子決済手段の取扱金額規模が91. 年の失業率は10月まで毎月3%台を続けており、年平均は1997年以来の低水準となる。ちなみに失業率の減少トレンドが始まるのは年であり、アベノミクスが開始された年よりも早い。その意味で近年の失業率低下をアベノミクスの成果と強調するのは、正確さに欠ける。 年11月、GDP(国内総生産)で測った経済成長率が、2四半期連続でマイナスとなったことを理由に、安倍晋三首相は消費税率の10%引上げを年4月まで延期する決定をした。 一方、GDPと並んで重要な景気指標である完全失業率を見る限り、全般的な雇用情勢は過去しばらくなかった程、現在は良好な状態にある。増税による雇用へのマイナス影響を軽微に抑える上では、増税決断の絶好のタイミングだったのである。.

See full list on wakus. 9%を記録した以外、4%を上回る状況が続いた。 特に不良債権処理が加速し早期退職も相次いだ年には過去最悪の5. これからバイデン氏が大統領となった際に中国が尖閣諸島に進行して来たらどうなるでしょうか。 日本には自衛隊がありますが、自衛隊の戦力だけでは打ち勝つことは不可能でしょう。 今、日本が安安全であるのにはアメリカ軍という力があるのが現状です。. バブル経済の崩壊後、特に1997年の金融不況以降、日本の企業は人件費削減の必要性に迫られた。そのため企業は賃金が高く雇用調整も難しい正社員の採用を抑制してきた。 一方で、安定的な経営には、職場に通じた社員も常に一定割合必要だ。加えて労働力人口の減少に直面する企業にとって、人材を確保することはますます困難になる。そのため優秀な非正社員については、できるだけ長く会社に留まることを期待する。その結果、正社員に代わって長期雇用の一般常雇である非正社員が増えたのだ。さらに雇用期間の長い非正社員には、将来的に正社員に転じる可能性も少なからず開かれている。 政府は現在「多様な正社員」の普及により、正社員と非正社員の二極化を解消する環境整備を目指している。今後は、一般常雇タイプの非正社員が、個人や家庭の個別事情を勘案し、職業や勤務場所が限定された正社員へと移行するケースが拡大するだろう。 来年の国会では、労働者派遣制度の見直しが改めて審議される。派遣法改正は、派遣労働者に3年もしくはそれ以上の期間で就業する機会を拡大するものだ。同一の派遣労働者が同じ職場で働ける上限は3年だが、その上限に達した場合、派遣元企業は、派遣先企業に対して労働者の直接雇用を依頼する、新たな派遣先の適用、派遣元企業においての無期雇用などの装置を講じなければならないとしている。運用がうまくいけば、正社員へ転換する場合も増える。国会での冷静な審議が期待される。. これからの日本に降りかかる「住まい」の大問題 人口減少・単独世帯の増加、家はどうなるのか. これからの日本はどうなるの? 税の学習で知る国の財政.

人口の減少が進み始め、近年ではゴーストタウン化するところが目につくようになってきました。私は昨年(年)、バイクで四国を回ったのですが、30年前は25人くらい人が住んでいたという場所に、今は誰もいない。 高知県の奥白髪温泉という昔は温泉があったところも、人どころか温泉さえもなくなってしまいました。年には、今よりも相当多くのゴーストタウンができてしまうでしょう。 このような問題に対して、日本政府はどのようなことをするべきなのでしょうか。 人口が減少すると、納税能力はどんどん下がっていきます。従って今よりもますますサービスレベルは落としていかなければならない。すでに日本の年金は、最終勤務年度の給料に比べて、35%程度しかもらえていません。 これは、先進国の中で一番低い。国によっては最終年度に稼いでいた給料の70%ぐらいを年金でもらえるというところもあるし、50%ぐらいが普通です。日本では、年になると30%ももらえないと予想されます。 さらに勤労者2人で1人の老人、つまり非勤労者の面倒を見なければならなくなります。こういうすさまじい状況になるわけです。現在の日本は、そういった世界につっこんでいこうとしているのです。 現在の政府が行っているのはばらまき政策に代表されるサービス合戦ばかりです。おそらく、単純な計算をしてみればまったく不可能なことを約束しているのです。 消費税の問題についても、「5%から8%に上げただけで反作用がこんなに出たから、8%を10%にするのは1年半延ばす。10%以上のことはやらない」と政府は言っていますが、単純計算をしても20%まで引き上げないと間に合わない状況です。 現在の日本というものは、見えている将来像が世界のどこよりも暗い像となった国とすらいえるでしょう。その見えている像に対してストレートに考え、それを正直に政治課題として取り上げる人がいない。 これが最大の問題です。タイタニック号が氷山に向かうように、先が見えているにもかかわらず、船上でパーティーをやっているようなものなのです。. 雇用にまつわる統計のうち、最も注目されるのが、完全失業率である。完全失業率とは労働力人口(就業者と完全失業者の和)に占める完全失業者(仕事を探している無業者)の割合を指す。図1は日本の完全失業率の年平均の推移である。 高度成長時代にあった1960年代、完全失業率は1%前半と低水準を続けた。それが1973年の第一次石油危機により高度成長が終わると失業率は上昇していく。1985年のプラザ合意による急速な円高は、輸出中心だった日本経済に打撃を及ぼし、雇用の空洞化による大量失業が懸念された。完全失業率は1986年に当時の過去最悪である2. これらの問題の根本は、日本の教育方法にあります。「教えたことを覚えなさい」ということを前提とした20世紀の教育方法が、「ロジカルに見えているものを全部足し合わせて本質の姿を直視すること」ができない人を生み出してしまったのです。 この姿が直視できていれば、みんなでなんとかしようと考えるはずなんです。見えているものに対して向き合っていない。この結果として、少子化やゴーストタウンの問題が出てくるのです。 これから先は、人口が年間50万人ずつ減っていくといわれています。つまり、徳島県や高知県1個分の人口が減っていくということです。全体から見るとすさまじい勢いで人口が減り、かつ就業人口15~65歳くらいの人たちも今後は計算上、80万人ずつ減ることになります。 実際には定年後も働く人がいるので今のところは40万人程度の減少にとどまっていますが、安定して60万人くらい減っていくようになります。結果、税金を納める人はその分減っていくということです。 こういう状況の時に何も対策を取らないとどうなるか。これは非常に明らかで、ポルトガルやスペインがかつて陥ったように400年くらいは長期衰退という状況になっていくわけです。 では、日本の教育を変えるにはどうするべきか? 今すぐに文部科学省が変わるということは難しいでしょう。 大量生産・大量消費という戦後の日本の国づくりをする上では、アベレージを上げるということが非常に重要でした。世界に追いつけ追い越せという時代でしたから、基本的に答えは欧米にあり、その答えを覚えてしまった方が勝ちという教育が行われたのです。 学校が何を教えるか、日本では国がそれを統制しています。文部科学省が学習指導要領を作っているということは、学校が教えていい答え、教えていい順序を国の方で作ってしまっているということです。 国が指導要領を作るというこの思い上がった考え方が、今の21世紀においては最もだめな考えなのです。本人が興味を持ったらどこまでもやらせるべきでしょう。 指導要領という考え方そのものが、21世紀とあっていません。あくまで指導要領は、追いつけ追い越せという、正解がすでに存在するという時に成り立つものなのです。 21世紀というのは、アメリカにとっても答えがありません。近年の中近東情勢を見ても、それは明白です。そのアメリカについていくことしか、日本は能がない. AI技術の発展や、海外から日本へやってくる人件費の安い労働者たちによって、今この国に存在するホワイトカラー的な職業は代替されていく. これから の 日本 どうなる 『未来年表』というものがあります。 初めて聞いた方、知らない方は是非一度のぞいてみてください。結構面白いです。 有名な所で、博報堂生活総合研究所さんや 野村総研さんが公開しているものがあります。 生活総研未来年表 NRI未来年表 例えば、10年後に何が起こるのか。 未来年表の中から、10年後の年の未来予測をちょっとだけ紹介します。 こんな感じで、未来予測関連の記事やレポートから集められた情報で『未来年表』は作られています。 10年後には中国がGDP世界一になるみたいですが、高齢者人口が3億人を超えているのでそれがどう影響してくるのか気になりますね。裕福な高齢者が多ければ、もっとたくさんの中国人が日本に観光客としてくることも考えられます。パスポート不要になっていれば気軽に旅行するといった世の中になっていて、旅行者はかなり増えてるかもしれません。 これから10年間で起こることもちょっとまとめてみました。 主な事柄を勝手にピックアップ。. これからの日本はどうなる? 結論から言うとどうなるかなんて誰にも分かりません。 今回のコロナウイルスや自然現象など、多くの予測不可能なことが世界にはゴマンと存在するからです。 今後の日本がどうなっていくかについても、専門家と言われる人. 今の日本企業は320兆円の内部留保を持ってしまっていて、銀行から借りません。金利が低くても反応しません。じゃあ投資をするのかというと、やっぱり将来が不安だからと投資もしない。 私は日本が今入り込んでいる状況を、“低欲望社会”と呼んでいます。要するに、欲望のない社会です。欲望のない社会にはどういう問題が出てくるかというと、今までの経済原論が全部成り立たなくなるんです。 今までの経済原論というのは、20世紀にジョン・メイナード・ケインズ(※20世紀を代表するイギリスの経済学者。有効需要に基づくマクロ経済学を確立させた)らを中心に作られたもので様々なバリエーションがありますが、金利やマネーサプライ、こういったもので経済を調整していこうという理論です。 例えば、金利を低くすればみんなが借りるようになり、景気は上向くかもしれない。過剰に市場にお金を投入すれば借りる人が増え、設備投資も上向くかもしれない。こういったロジックです。 しかし今、日本は低欲望社会に入ってしまい、これまでの経済原論すべてが成り立たない状況です。だからポール・クルーグマン氏(※アメリカの経済学者、コラムニスト。国際貿易理論に基づき、地域間貿易をモデル化した)や、アベノミクスのアドバイスをしているような人たちが、20世紀の経済原論を振り回しても市場はまったく反応しないというわけです。 我々は今、金利がつかなくてもひたすら貯金をしています。小学校の頃から算数を学んできている国民が、何故金利がつかないところに預金するのか。これは世界の七不思議のひとつです。 普通、金利が安ければ金を借りて、金利が高ければ預金する。現在の日本人は金利の安いところに預金をして、こんなに安いのにお金を借りない。こういう現象は、今までの世界史で起こったことがありません。 これから の 日本 どうなる このように、日本だけが特殊な状況に入っていることに対して、「20世紀の理論が使えない」と理解している経済学者がゼロである、ここに問題があります。 いずれドイツやイタリアも、おそらく日本のすぐ後を追ってくると思いますが、日本は起こるとわかっている問題に対して何もしていないという極めてユニークな状況になってしまっているのです。.

ではここで日本経済がどうして今の状態になったのか、というこれまでの過去の話と、これからどうなっていくのかという未来の予想をしていこうと思います。 1970〜80年代. これからは食いっぱぐれのない仕事の代表として、プログラミングやWebデザインなどIT系の習い事が子どもたちに人気になるでしょうね。 年(31歳) 日本の女性の半分が50歳以上に. これから始まる金融破綻の恐怖 コロナ倒産の増加が止まらない。東京商工リサーチによると、コロナ関連倒産は2月2件、3月23件だったが、4月は30. 5%) 現実世界を補完、代替する3D仮想世界サービスが普及する 人が密集しても混雑を感じない無線通信技術が実用化する(-22年) 日本の65歳以上人口が30%を超える 国と地方の借金が1297兆円に達する 賃貸住宅の空室率が、全国平均で30%まで悪化する(現状は同19%) 一度の充電で1週間以上動作する携帯パソコンが実用化する がん治療に有効な放射線治療と評価方法が実現する 18歳人口の減少で大学受験者が106万人に減る 国内でオフィスワーカーの仕事の8割を遠隔勤務にできるシステムが実用化する 日光東照宮(栃木県日光市)が18年にわたる「平成の大修理」を終える 日本の高齢化率が30. . これらの動きは、今年もさらに進むに違いなく、国産を取り巻く状勢は、これから楽観はできないでしょう。 ページトップ. コロナウィルス。日本はこれからどうなると思いますか? 1週間後、2週間後、1ヶ月後の予想を教えて下さい。. 5%のペースで減少) このころ砂漠の緑化技術が普及する 人工の脳が実現する 世界の5歳未満の子どもの死者数が、年比で半分に減少する インドの人口が14億4900万人に達し、中国の14億4600万人を上回り世界一となる アルツハイマー病などの神経変性疾患を予防、治療する技術が実用化する 中国海南省が、省内全域でエンジン車の販売を禁止する この年から10年以内に、人工知能(AI)の発達が本人にそっくりなアバターを実現可能にする 日本と世界のこれからの10年、いかがでしたでしょうか。未来に目を向けておくことは、とても大事なことなので、よかったらサイトを覗いてみて下さい。勉強になります。 ひとつひとつのことを考えてみると先見性の力も身についていくはずです。 未来がどうなっているのか、こちらも参考にしてください。日本のGDPの記事です。.

8年後の日本はどうなるか。ノストラダムスじゃなくて必ず来る年を見てきたように語る - More Access! 失業率が下がり続ける背景には、企業の旺盛な採用意欲がある。今や日本国内最大の雇用問題とは、企業が雇いたくても人が集まらない人手不足の問題である。 しかし求人は多いとしても、増えているのは非正社員の仕事ばかりという批判もある。非正社員は不安定な雇用である以上、消費も伸びず、本格的な景気回復につながらないというのだ。だが、非正規雇用をすべて不安定雇用と決めつけるのは、事実に反する。 図2に雇用者に占める正社員とそれ以外の割合を求めた。「それ以外」とは、いわゆる非正規雇用にあたり「パート」「アルバイト」などの名称で呼ばれている人々の他、派遣社員、契約社員などをすべて含む。さらに図では非正規雇用を雇用契約期間により区分した。契約期間が1年以下の非正規雇用を「臨時・日雇い」、1年を超える場合が「一般常雇」である。 図をみると1987年に正社員の割合は8割を占めたが、年には雇用者の約3人に1人が非正社員となり、年にも非正社員割合はやや拡大している。. 今回は、これから日本に起きる可能性のある3つの重大事項を共有したいと思う。 まずは1つ目「外出禁止令」だ。 1. 今やフランス・フィリピンなど続々と外出禁止国が増えている。 いずれ日本も感染者が増えると外出禁止令が出るであろう。.

1 日本はどうやって稼ぐべきか?. 1%まで上昇した。 ただしその後は、医療・福祉産業の成長に加え、政府が実施した緊急雇用対策の効果もあり、失業率はすみやかに低下する。年の東日本大震災でも失業率の減少トレンドに変更がもたらされることはなく、年には4. See full list on nippon. 日本の総人口は、現在約1億2600万人。 年をピークに減少に入りましたが、65歳以上の高齢者数は増え続け、年には3657万人、年には3878万人.

この特別動画では、新型コロナウイルスの影響で、私たちの. More Fun - 永江一石のITマーケティング日記. そうなると次の課題は、65~69歳の就業率である。今後、日本の年金制度を安定的に維持していくには、支給額の引き下げに加え、支給開始年齢の70歳引き上げは避けて通れない。そのためにも60歳代後半でも働いて自ら収入を確保できる環境の整備が必要だ。 幸い図3をみると、65~69歳の就業率は年以降上昇傾向にあり、年に4割に迫る勢いをみせる。60歳台後半の就業が今後一般化するためのカギを握るのは、1947~49年生まれの「団塊の世代」の動向だ。団塊世代を含む1946~50年生まれは約1000万人に達し、1981~85年生まれの若年世代と比べても250万人以上多い。 大規模人口をほこる団塊とその前後の世代が年以降、60歳台後半になっても年金を頼りに引退を決め込むことなく、意欲や能力を活かして就業を継続することが、日本の社会保障制度の維持や財政再建にとって重要となる。 現在、日本の在職老齢年金制度は、65~70歳について、賃金と厚生年金の合計が月46万円を上回る場合、賃金の増加2に対して停止される年金は1とし、働いても手取りが減らないよう工夫されている。 今後も年金制度をさらに就業を促進するよう工夫を重ねながら、高齢者の雇用を拡大していくことが求められる。それは今後、高齢社会を迎える世界中の国々にとっても重要なモデルになるはずだ。 (年11月28日 記) タイトル写真=年5月28日、ユニクロの地域正社員(転勤を伴わず長期にわたって働ける正社員)説明会に集まった参加者/写真提供:時事. 1 日本はこれまで何で稼いできた?; 1.

. 「日本の景気はこれからどうなるの?」これを見れば分かる! この題名に見覚えがある方は、昔から私のnoteを読んでくださっている方ですね!こんばんは、FPむーです。 外出自粛に株価の下落。そして布マスク2枚の支給。これから日本の景気がどうなっていくのか。気になりますよね。 それ. 秋からの「銀のイルカ座」の運気は? 【ゲッターズ飯田さんの五星三心占い】 誰にとっても激動だった年上半期。秋以降の世の中はどうなる? そして自分もどう変わる? 五星三心占いで今後の運気の流れをチェック! これから の 日本 どうなる 占い. 今回は【これからどうなる?日本の将来】についてです。 私はテレビは、ほぼ見ないし政治も疎いのですが、 その分、違った視点で考察出来るかなと思います。 これから起きる問題、それらに対する対策 個人がどのように考えて行動していくべきか?.

これから の 日本 どうなる

email: [email protected] - phone:(287) 289-1905 x 7064

アリペイ 中国 語 発音 -

-> Wolf parade cry cry cry
-> 英 検 一級 二 次 試験 トピック 2019

これから の 日本 どうなる -


Sitemap 2

Troublemaker コード - 打ち切り