インド 経済 歴史

Add: iwumuz5 - Date: 2020-12-16 12:36:07 - Views: 4299 - Clicks: 9728

1980年代後半、ラジーヴ・ガンディー率いる政府は、規制緩和を行い価格統制を廃止し、法人税の減税を行ったが、経済成長の一方、この経済政策は財政赤字をもたらし経常収支を悪化させた。インドの主要貿易相手国であるソ連の崩壊と原油の高騰を惹き起こした湾岸戦争の発生により、インドの国際収支尻は大きく悪化し、債務のデフォルトに直面することになった。 経済問題に直面したナラシンハ・ラーオ首相とマンモハン・シン財務大臣は1991年、インドの経済改革(en)を開始した。改革ではLicence Raj(投資や産業、輸入のライセンス)を廃止し、多くの部門での外国からの直接投資を自動的に許可した。改革開始以後、労働組合、農家といった強力な圧力団体や、労働法や農業への補助金の削減といった論争を惹き起こす問題をどの政党も引き受けようとはしないけれども、政党の政権交代にかかわらず、経済の自由化の方向性は一貫している。これにより、実質経済成長率も1991年には2. イギリスはインド人エリートを育成しようとした。ここにインド国民会議が成立した。しかし、西欧近代思想を学んだインド人エリートは民族意識に目覚めていく。 そこで、イギリスは、ヒンドゥー教徒とムスリム教徒の対立を煽った。1906年、全インド=ムスリム連盟が発足し、ヒンドゥー教徒勢力となったインド国民会議派と対立した。. インドの経済(インドのけいざい)は世界で6番目の規模であり、年推定でGDPは約2兆3000億ドルに達する 。 約13億人という世界第2位の人口規模(インドの人口動態(en))であることから、年の一人当たりのGDPは1,718ドル(購買力平価換算では6,658ドル) であり、世界平均と比較しても大幅. インドの国際競争力ランキングとインフラ 世界経済フォーラム発行の『国際競争力報告書』は、世界117ヵ国について、国別および セクター別に調査結果をまとめたものである。インドに関しては、インドのトップ企業の. 政治的混乱の中で、都市が衰退し、農村社会への移行した。 このころ、カースト制にも変化が見られた。この時代、ヴァイシャは商人階級となり、シュードラは農民階級を指すようになった。こうして、バラモン・クシャトリヤ・ヴァイシャ・シュードラに次ぐ、アウト・カースト「不可触民」が生まれた。.

. 33 45 目 次 はじめに インドでは、独立以降、長期間にわたり低 成長が続いたが、80年代以降の様々な経済改 革を経て次第に実質GDP成長率が高まった。 特に、年度から年度にかけては、3. 歴史 詳細は「. グプタ朝が衰退した後、ヴァルダナ朝が強勢を誇ったが、すぐにヒンドゥー諸国家が乱立した。8世紀から13世紀は、ラージプート時代という。 上の地図でのインドには、ラージプート時代に出現したインド諸国家が描かれている。一方で、インド以外の地域については8~9世紀の地図が描かれている。 この頃の建築としては、チャンデッラ朝のカジュラーホ寺院が秀逸である。 インド南端でも諸国が分立した。中には、チョーラ朝のようにスリランカやマレーにも支配域を広げた国もあった。. 紀元前2800年頃から紀元前1800年頃までのインダス文明の時代は、農業が営まれ、動物が飼育され、統一された度量衡が採用され、道具や武器が使用され、他の都市国家とも通商が行われていた。十分に計画され建設された都市の道路や灌漑設備、排水溝の遺跡--世界最古の公衆衛生システムや地方公共団体を含めて--は、都市計画の知識の証拠を表している。 1872年のセンサスによると、人口の99. 世界で2番目に人口が多く、発展途上国の中でも急速な経済成長を上げているインド。経済落差が激しいインドですが、年のgdp(国内総生産)では、 世界6位にランクインしてます。.

5パーセントと好調な経済成長を果たし,株価も安定。 近年は失業率も低下して,雇用も持ち直しています。. 書類上、入植者間の財産権を保障すること インド 経済 歴史 2. 数えきれないほどの有名な英雄たちが、自由と人々のために命を落とした1857年の「インド大反乱」は、インドでは忘れられることのない偉大かつ壮大な歴史的出来事。 これは、イギリスの植民地支配に対する民族的抵抗運動として起こりました。 この大事件が起こるまで、広大なインドは決して統一された国とは言えない状況にありました。 しかし、インド大反乱によってインド各地の人々が、出身地や身分を超えて一丸となって同じ目的のために戦い、最終的に一つの大国インドという意識が芽生えていったのです。. インド--経済--歴史: 分類・件名: NDC8 : 332. インド経済の歴史的な成長を準備したものは、経済自由化でもit産業でもない。 植民地期の胎動から輸入代替工業化、緑の革命の再評価も視野に、今日の躍動の真の原動力を摑み出す。. 8%にまで低下してしまった 。イギリスからの独立のためにもがき苦しんだインドの指導者や左派の経済史家は、植民地時代がインドの経済に悪影響を及ぼしたとする一方、植民地化政策や、産業化の進展、世界の経済の統合によってもたらされた変化の結果として、植民地時代のインドにおいて、ある部門は成長し、またある部門は衰退したとするマクロ経済の見方が存在する。ある部門が成長し、またある部門は衰退したということは同意しかねるところもあるが重要である一方、植民地化政策によって引き起こされた変化がもたらした影響とインドの産業化およびインド亜大陸の経済統合は、植民地時代を終えたインドにも継承されていると評価している。. 1947年8月15日、ヒンドゥー教徒を主体とするインド連邦が独立宣言した。1950年の憲法施行で、インド共和国となる。 西欧式の教育を受けたエリート層が厚かったため、普通選挙の実施など民主主義的な国家体制が採られた。 また、社会主義が採られた。しかし、計画経済に失敗したインドは長い間、経済的に低迷した。 インド 経済 歴史 冷戦が終結し、ソ連が崩壊した1990年代に入ると、インドは経済の自由化し、経済成長を開始した。.

· 人口13億人を超えるインドは、世界有数の経済大国だ。国内総生産(gdp)で見ると現在世界7位だが、今の成長トレンドが続けば、さらに順位は上がるだろう。. インドがまだイギリスの支配下にあり、イギリス領インド帝国と呼ばれていた時、現在はインド亜大陸のイスラム教国として知られるパキスタンも一部に含まれていました。 1945年に第二次世界大戦が終了してからは、インド国内のヒンドゥー教徒を中心とした政党「インド国民会議」、イスラム教徒の政党「ムスリム連盟」、そしてイギリスで政権を握った「労働党」の三者間でインドの支配を巡る交渉が開始。 当初、インド国民会議の代表として交渉に参加していたマハトマ・ガンジーは、イギリスから独立するにあたって、ヒンドゥー教とイスラム教の2つの宗教によってインドを2つに分ける事へは反対でした。 しかし、ムスリム連盟の指導者「ムハンマド・アリ・ジンナー」はそれに決して賛同せず、また、インド国民会議側のガンジーは、独立後にヒンドゥー教徒とムスリム教徒の間で和平が成立するという希望を持っていたこともあり、インドの一部をイスラム教徒が主体のパキスタンとして分割して独立させることに同意 結果、パキスタンは1947年8月14日、インドは1947年8月15日にイギリスから独立することになりました。 一方で、ガンジーの願いも虚しく、インドとパキスタンはカシミール地方を巡って未だに対立し、紛争が続いています。. Amazonでティルタンカル・ロイ, 水島 司のインド経済史―古代から現代まで―。アマゾンならポイント還元本が多数。ティルタンカル・ロイ, 水島 司作品ほか、お急ぎ便対象商品は当日お届けも可能。. 自由貿易を推進すること 3.

15 世界史古代インドの歴史 まとめ ─ インダス文明・都市国家・インド統一. 植民地時代になると、租税制度が変更され農民の大多数が貧困に苦しんだ。その上、植民地の法律は以下の制度を作り出した。 1. いかがでしたでしょうか? この壮大な歴史とit分野で世界最先端を走っている、不思議な国インド。 知り合いは魅せられて数年に1度というリピーター旅行者というか、ゆくゆくはインドに住みたいと言いだしています。. 4%(年度:インド政府資料) リンク その要因は何だろうか? インド経済の過去 ところで、それまでの状況はどうであったのだろうか?.

歴史をひもとくと、インドはかつてイギリスの植民地支配を受けていまし. 普段あまり耳にすることのない日本とインドの関係ですが、実際に両国の間にどのような歴史があったのか解説致します。 日本とインドは、歴史を通じて深いつながりが存在します。日本の仏教は、元々インドから中国を介して伝わっており、その後長い時間にわたって日本とインドは文化的交流関係を維持してきました。 第2次世界大戦時には、日本国軍(大日本帝国陸軍)とインド国民軍が共にイギリス軍と戦ったという共戦の歴史も存在します。. See full list on info-zebra. インドは、NIEs、中国など他のアジア諸国と比較して、雇用創出と輸出を促進する製造業が充分に発展していない。製造業の全体に占めるGDPの割合は半世紀以上変わらず約15%だ。独立直後の計画経済期のさまざまな規制は、1980年代以降の経済自由化により漸進的に緩和されたもののいまだに尾. インド経済の大きな弱点のひとつが財政である。 財政面の弱さに起因するインフラ未整備は、供給サイドの 脆弱さをもたらし、また、外資系製造業のインド進出阻害要因になった。. See full list on xn--eckxdufv88njcgy6p8m1d. これはヴァイサーキーというお祭りの日に、インド人がイギリスの統治に抗議活動をしていたアムリットサルという街で起こった、グルカ兵からなるインド軍部隊が非武装のインド市民に対して無差別射撃した事件です。 インド人たちは活動を平和的に行うつもりでした。 しかし、イギリスのダイヤー准将によって集会が禁止され、悲惨な事件が起こってしまったのです。 この事件の経緯は以下の通り。 午後4時半に、女性や子供を含む、シク教、ヒンドゥー教、イスラム教などのあらゆるコミュニティの市民が、イギリス統治に対して抗議するために集まりました。 イギリスのレジナルド・ダイヤー准将はこの知らせを聞くなり、武装した兵を率いてジャリヤーンワーラー・バーグへ侵攻。 そして入り口を封鎖し、警告も無く兵士達に市民への銃攻撃を命じたのです。 銃撃は弾薬が尽きるまで続けられ、結果として、集会での突然の混乱で群衆の下敷きになって死亡した人を含めると、およそ1,500人の市民が犠牲になったと言います。.

年以降、両国の首相が互いに国を訪れ会談を設けるという機会は増え、年8月にインドを訪問した当時の日本国首相森喜朗元首相は日印間で「21世紀における日印グローバルパートナーシップ」と構築することを、会談にて合意しました。 翌年には当時のインド首相アタル・ビハーリー・ヴァ―ジペーイー元首相が日本を訪問しており、両国首相は高レベルな対談を元、経済協力、軍事、反テロリズム協力などの協力姿勢を表す「日印共同宣言」を発表しました。 年時の両国の首相、小泉純一郎元首相とマンモハン・シン首相との間でも「アジア新時代における日印パートナーシップ~日印グローバルパートナーシップの戦略的方向性」という共同声明への著名を行ったという記録があります。 現在の首相、安倍首相とモディ首相の関係は、両者間に個人的な共通点があるということもあって関係が良好であるとされています。 安倍首相がTwitterを始めた際、一番最初にフォローをした世界指導者がモディ首相だったといいます。 お互いの国に対する興味・関心が深く、相手の力を借りて国内の経済変革の達成を考えているという点から、自然な接近があるというニュース記事も存在します。. 経済、税制、政治、外交だけでなく、彼らが築いてきた歴史や文化、人生観、マナーなど、知っておきたい情報が盛りだくさんです。 経済的に発展したことで、インドに進出する企業はもちろん、インド人とともに働く日本人も増えました。. 1900年初頭、植民地を拡大する欧米列強の内部対立が高まっていた。これが、1914年、第一次世界大戦に発展する。 インド人の協力を得たいイギリスは自治を約束。第一次世界大戦に、イギリス領インド帝国も参戦し、100万人以上のインド人兵士を動員した。 しかし、戦後、イギリスは自治を認めなかった。裏切られたインドでは、ガンディーが抵抗運動を繰り広げ、ネルーは完全独立を公然と主張した。. 世界大戦時、イギリスによる統治支配を受けていたインド国。 支配されていたインド国民の一部では、統治から解放されることを目指して独立運動を行うインド人活動家が存在しました。 独立運動の活動家たちは、一時イギリスの統治を掻い潜り日本に滞在し、指導者のラース・びはー・ボースは日印関係の礎を築いていたという歴史があります。 その後首相となった犬養毅、汎アジア主義者の大川周明や頭山満ら日本人は、インドの独立運動を支援していました。 このような独立運動支援という姿勢があったため、戦後の日本の経済立て直しの頃にはインドから大いなる称賛の声が上がったそうです。 インドは年から、日本のODA(政府開発援助)の最大受益国の1つとなっており、歴史上日本とインドは、双方において困難な時期を互いに助け合い、支えあってきたと言えます。. ここで留意しておきたいのは16世紀から18世紀にかけて、世界の圧倒的経済大国は中国とインドであったということです。 インド 経済 歴史 1600年の時点で中国のgdpは西欧全体のgdpを超えていましたし、インドもまた同様でした。. See full list on world-note.

インドに進出を果たしている日系企業の数は、本社・支社、生産工場、支店、営業所、出張所などを含め1229社以上あるとされます。 日本からインドに進出し、現地に拠点を構えている有名日系企業として挙げられるのは以下の企業です。 ・キャノン ・住友商事 ・三菱商事 ・伊藤忠商事 ・トヨタ自動車 ・スズキ ・パナソニック これらの有名日系企業は、インド国内の広範囲にわたって多く拠点を構えているという特徴があります。 インドという地でのビジネス展開に成功し、定着しつつある企業であるといえます。 中でもスズキは、インド国内の自動車市場で最大のシェアを誇っています。 そのため、インド現地の現地法人、拠点、支店が数多く展開されています。 インド 経済 歴史 インド経済の原動力とも言えるIT産業においては、ヤマハモーターソリューションズ、ソフトバンクテレコム、NTTドコモなどといった通信会社がインドのIT経済市場に進出しています。 意外なところを挙げるとすれば、損保ジャパンやヤクルト、旭硝子などといった企業もインドに拠点を持っています。 インド進出に際して様々な障害が存在するため、進出に二の足を踏んでいたり、進出したものの撤退を余儀なくされる企業も増えつつあり、日系企業のインド進出はまた新しい形になっていく事が考えられます。 IT業界においてはアウトソーシングなどソフトウェア開発技術を含むIT技術分野において目覚ましい成長を見せているため、インドIT市場の拠点発足を目指す日系企業も増えていくことが予想されます。. 独立後のインド、つまり現在のインド共和国では、テクノロジーや核エネルギーなどの新しい分野において、国の発展に繋がる意義ある出来事がありました。 まず、インド発の独自開発された弾丸ミサイルであるプリットヴィーを始め、大陸間弾道ミサイルとして知られるアグニVの開発成功は、国際舞台におけるインドの立ち位置を強化しました。 また、インドでは人口の7割弱が未だ農業に従事していたことから、農業分野の強化が喫緊の課題として迫っていましたが、1940年代から1960年代にかけて、高収量品種の導入や化学肥料の大量投入などにより穀物の生産性を向上させ、穀物の大量増産を実現。 これは緑の革命と呼ばれ、インド発展における重要なマイルストーンの一つとなりました。. スブラフマニヤム 著/三田昌彦・太田信宏 訳. 1493年、ポルトガルがヨーロッパーインド航路を開き、最終的にイギリス東インド会社がヨーロッパーインド貿易を支配した。 ただし、はじめ、1500年時にインドGDPの20分の1にすぎないイギリスは、インドを貿易するだけであった。(マディソン『世界経済年史』) インド貿易はイギリス政府ではなく、1600年設立の株式会社:東インド貿易会社が行った。. フリーダムファイターとは、インド独立のために自らの命を犠牲にした英雄達(自由を得るために戦った人たち)のこと。 彼らフリーダムファイターの多くは、インド史において、また、インドが独立を勝ち取る上で、非常に重要な役割を果たしました。 例えば、 などで、その他にも死刑判決を受けて絞首刑に処された数々のフリーダムファイター達がいました。 また、自由インド仮政府国家主席兼インド国民軍最高司令官で、インド国民会議派議長を歴任し、インドの独立運動家として知られるスバス・チャンドラ・ボースも、フリーダムファイターの一人として有名です。 この時代は、社会的および政治的にインドの空気を全く違うものに変えることとなった壮大な時代でした。.

インド--経済--歴史: 分類・件名: ndc8 : 332. 1947年8月15日、パキスタンが分離独立した。当時のパキスタンは、東西に分かれた飛地国家だった。 1956年、パキスタン=イスラーム共和国憲法が成立した。憲法では政教分離をうたっており、パキスタンはイスラーム教徒による近代的な民族国家だった。 しかし、パキスタンは「再イスラーム化」する。きっかけは、1971年、東パキスタンは独立だった。政治の中心の西パキスタンへの不満が溜まっていた東パキスタンが独立。バングラデッシュが成立したのである。 パキスタンはインドと領土問題を抱え、しばしは印パ戦争が勃発した。. 1939年に勃発した第二次世界大戦では、参戦への抵抗がおきた。さらに、日本が結成したインド国民軍への支持が集まり、インド侵攻を企てる日本軍へも好意的であった。 戦後、インド国民軍兵士は反逆者として裁判にかけられた。しかし、インド人はインド国民軍兵士を支持し、インド帝国軍でも反乱がおこった。. 25 BSH : インド -- 経済 -- 歴史 NDLSH : インド -- 経済 -- 歴史: 注記: 原著(Cambridge University Press, )の全訳 参考文献: p297-315: タイトルのヨミ、その他のヨミ: インド ケイザイシ : コダイ カラ ゲンダイ. インド 経済 歴史 25 ndlc : dc251 ndlsh : インド -- 経済 -- 歴史: 注記: 折り込図1枚(1931年のインド略図) タイトルのヨミ、その他のヨミ: インド シャカイ ケイザイシ ケンキュウ: タイトル言語: jpn: 著者名ヨミ: フカザワ, ヒロシ.

まえにこちらの記事で、古代インドの歴史を、ざっくりみてきました。. インド経済を大きく支えるものを知って、今後のインド経済の動きを知りたい。 今回の記事では、 インド経済 をテーマに、 現在のインド経済の状況を解説し、今後インド経済がアメリカ、中国と並ぶであろうと言われている要因 について解説していきます!. 政府からの干渉、慣習法や相反する法律制度とは無関係の公務員制度を整備すること。 イギリス政府によるインドの植民地化は世界経済の工業化や自由貿易の成長による変化と一致した。しかし、植民地時代の末期になると、インドは産業化の立ち遅れ、人口の急速な成長に伴う農業の発展の遅れ、世界的にも最低レベルの平均寿命及び識字率のせいで、発展途上国の中での最貧国の一つになるまで低下してしまった。 ケンブリッジ大学の歴史学者、Angus Maddisonの推計によると、インドの世界経済の所得におけるシェアは1700年代の22. See full list on weblio. IT大国として近年目覚ましい発展を遂げているインドですが、その歴史は誕生から現在に至るまで大きく4つのステージに分けることができます。 今回は、各時代の歴史や経済状況などを踏まえつつ、インドがいかにしてIT大国という地位を築き上げたのか、その足跡を辿っていきます。. 日本で道路を走るクルマを見て、「トヨタ車が多い」と感じている人は多いことだろう。昨年、日本では新車として約431万台の乗用車(普通乗用. インドの経済成長と産業構造 1 インドの経済成長と産業構造* 酒巻哲朗、佐藤隆広、市川恭子、齋藤善政、藤本知利** 概要 インドは近年中国を上回る高い成長を示し、今後も高い成長ポテンシャルが期待されて いる。. しかし、産業革命がはじまったイギリスは、植民地化に乗り出していく。1764年、ベンガルの徴税権獲得がはじまりとなった。 イギリス東インド会社は、18世紀後半から戦争を繰り返し、直接統治と間接統治を組み合わせてインド植民地を広げていった。(例えば、マイソール戦争、マラータ戦争、シク戦争など) イギリス支配下で、農民の没落が見られた。近代法の概念である所有権を、共有地に適用した結果、多くの農民が土地を失ったのである。.

インド 経済 歴史 『現代インド経済』 柳澤 悠 著 『現代インド政治』 近藤則夫 著 『試される正義の秤』 佐藤 創 著 『世界史のなかの東アジアの奇跡』 杉原 薫 著 『海域から見た歴史』 家島彦一 著 『接続された歴史』 s. 政治的な混乱の中で、都市商人が没落。仏教は大事な信者を失った。こうして、仏教は、お釈迦様(シッダールタ)の生誕地である天竺(インド)で忘れられていった。 一方で、ヒンドゥー教はカースト制のイデオロギーとなり、農村社会に根付いていった。. 度量衡や資本市場、鉄道、電信を標準化すること 5. インドを訪れた友達から、「インドの人たちはあたたかい」とよく聞きます。そんな彼らの背景にはどんな歴史があったのでしょうか。 今回はそんなインドのカーストと、現在のカーストについてご紹介します。. . マウリヤ朝は、紀元前317年頃から紀元前180年頃まで続いた、古代インドで栄えた王朝。 最盛期にはインド亜大陸の南端部分を除く全域を統一したとされ、インドの歴史の中で最大の王朝として名を残しています。 そして、このマウリヤ朝に最盛期をもたらしたのが、インド史の有名人で、古代インドにあって仏教を守護した大王として知られるアショーカ王。 マウリヤ朝三代目の偉大な王であったアショーカ王は、その人生の中で自らもずっと戦士として戦ってきたことで知られ、それによって、インド史上稀にみるほどの領土を手に入れました。 しかし、カリンガ戦争(紀元前265年頃)の後、アショーカ王はこの戦いによって戦争の悲惨さを痛感。 それまでの暴力的な行いを改め、平和的な生き方に転換し、仏教を深く信仰するようになっただけでなく、自ら周りの人たちへも仏教の教えを説き、そして広めていったのです。. 6%にまで伸び、中国に次ぐ経済発展に成功し、インドの財務大臣も務めたP・チダンバラムからマンモハン・シンは「インドの鄧小平」とまで称えられることとなった。1990年以降、インドは発展途上国の中における豊かな国の一つとなり、いくつかの重要な問題はあるものの経済成長が持続している。経済成長につれ、インド人の平均余命や識字率が伸び、食糧安全保障が伴っていった。 1998年の核実験により、インドの信用格付けは下げられたが、S&Pやムーディーズによると年まで、投資の伸張は続いている。年、ゴールドマン・サックスは年までにインドのGDPはフランスやイタリアを追い越し、年までにはイギリスやロシア、年までには日本を追い抜くと報告し、アメリカ合衆国、中華人民共和国に次ぐ第3の経済大国となると報告した。. インド 経済 歴史 100年にもわたるイギリスの支配強化の中で、1857年、インド大反乱が勃発した。 インド大反乱により、イギリス東インド会社は解体。1858年、本国によるイギリス領インド帝国が成立した。 1877年、大英帝国とインド帝国は同君連合となり、イギリス女王ヴィクトリアが皇帝位に即位した。.

インド経済が注目されているわけは、その経済成長率にあります。 近年インドは経済成長を続けており、imfによると、年のインドの実質経済成長率は7. 1526年、イスラーム教のムガール帝国を創始された。公用語はペルシア語であり、ヒンドゥー教徒からすれば異教徒・異民族の国家であった。 ムガル帝国は、第三代アクバルの治世で北インドを征服、インドでの覇権を確立した。 帝国の繁栄は150年続いた。この頃には壮麗なタージマハールも造営された。 しかし、最大版図を実現したアウラングゼーブの死後、経済力を蓄えた地方政権が自立化し、ムガル帝国は衰退する。. 経済は地理から学べ!. インド憲法は、「半カースト運動の指導者」や「インド憲法の草案作成者」として知られる、ビームラーオ・ラームジー・アンベードカル(バーバーサーヒブ・アンベードカル)を中心とした人達によって起草されました。 このインド憲法が成立したのが1949年11月26日、そして、実際に施行されたのは1950年1月26日で、これが現在のインド共和国における根幹となっているだけでなく、この日があったお陰でインドは多様な文化や宗教にも関わらず、一つの国としてまとまっているのです。 ちなみに、インドは世界最大級の人口規模を抱える国として知られますが、インド憲法の制定によって、インドは世界最大の民主主義国家ともなっています。. インド人は、歴史意識を持たなかったと、批判的に語られることがあるが、これは近代的な歴史の叙述、あるいは古代ギリシアや古代中国に発する歴史記述の伝統とは異なった形で、インド人が歴史を語ってきたという事実を述べるに. インド経済は1990年代以降に急成長した。 ※gdp成長率 8.

インドの経済成長 環太平洋ビジネス情報 RIM Vol.

インド 経済 歴史

email: [email protected] - phone:(601) 143-4475 x 2355

絶 歌 ただ 読み - イエモン

-> ゆらぎ と は
-> 素人 スナップ

インド 経済 歴史 - Flor bambu


Sitemap 4

熟年 av - ミステリー