西郷 隆盛 逆賊

Add: erizahen15 - Date: 2020-12-10 05:30:50 - Views: 9514 - Clicks: 9276

西郷 隆盛 逆賊 本日の記事をまとめますと 西郷隆盛は西南戦争に負けることを覚悟し、別府晋介の介錯で亡くなった。 西郷隆盛の最後の地は、鹿児島城山は鹿児島市中央部にある丘陵で、現在国の史跡および天然記念物に指定されている。 西郷隆盛の最期の言葉には、「西南戦争を、最期の士族反乱にしよう」という意志があった。 明治の日本を創った人物のひとりである西郷隆盛。 数々の功績があるものの、最期は明治政府の敵として亡くなってしまいました。 西南戦争という内乱には意味がないことを知っていた彼の死を無駄にしないためにも、日本は今後内乱を含む戦争を起こさない国であってほしいと思います。 以上となります。 本日は「レキシル」へお越し下さいまして誠にありがとうございました。 よろしければ、また当「レキシル」へお越しくださいませ。 ありがとうございました. あの西郷にして 「なぜ?」 となんとも不可解というべき思いを抱かざるをえないのだ。 そこで試しに手にしたのが、細谷正充編歴史小説傑作選「西郷隆盛」英雄と逆賊である。 ここに集められたのは. 西郷 隆盛 逆賊 See full list on rekishiru. 1889年(明治22年)大日本帝国憲法発布に伴う大赦によって、西郷の「逆徒」の汚名が解かました。 それをきっかけに、東京都の上野公園に薩摩藩出身者が中心となって、西郷像の建設計画が始まったのです。 これは「上野戦争」で「彰義隊」を打倒した、戦勝記念のための像でした。 宮内省より500円を下賜され、さらに全国2万5千人もの有志の寄付金で建立されました。 (除幕式は、西郷の死後21年を経た、1898年(明治31年)12月18日。) 西南戦争からわずか12年で名誉回復が行われ、全国民からこれだけの寄付が集まりました。 それは、西郷の清廉潔白さを、日本国民の誰もが知っていたからこそだと言えます。. 西郷 従道(さいごう じゅうどう) 元々は「西郷隆道(りゅうどう)」という名前でしたが、明治維新の後に改名。 名前を記録する役所の担当者に「りゅうどう」と自分の名前を話したところ、薩摩弁特有の「R」が「D」になってしまう発音が原因で「じゅうどう」と記録されてしまい、そのまま「従道」に改名したという・・・・小さいことにはこだわらないお方。 西郷隆盛の弟にして、海軍大臣や元老を務めた、薩摩藩閥の重鎮「西郷従道」について解説したいと思います。. 西郷隆盛 - 維新の功臣 明治の逆賊 - 相川 司 - 本の購入は楽天ブックスで。全品送料無料!購入毎に「楽天ポイント」が貯まってお得!みんなのレビュー・感想も満載。. 本日の記事をまとめますと ・西郷隆盛は薩長同盟を締結し、江戸城無血開城を果たし、戊辰戦争で新政府軍参謀として勝利に導きました。 ・西郷は明治新政府設立に最も功績があるにもかかわらず、それまでと変わらず清廉潔白な態度でありつづけたため、国民から圧倒的に支持されるのです。 ・西南戦争を起こし、一旦は「逆徒」となりますが、明治天皇や国民の支持により西南戦争の十数年後に名誉回復されます。 西郷隆盛はその功績と共に清廉潔白な人柄により、同時代、そして現代の人々から愛され続けているのです。 以上となります。 本日は「レキシル」へお越し下さいまして誠にありがとうございました。 よろしければ、また当「レキシル」へお越しくださいませ。 ありがとうございました.

歴史家の「磯田道史(いそだみちふみ)」さんが、あるテレビ番組で、こうおっしゃっておられました。 島津斉彬・・・西郷隆盛が信頼し、惚れこみ、その死とともに自分もあとを追って自殺しようとしたほどの、薩摩藩の名君。 幕末四賢侯の一人である「松平春嶽」から、「真の賢侯は、斉彬公ただ一人」と言われたほどの名君でした。 明治天皇はその後、西郷が望む以上の名君となられました。 明治の時代に、日本はすさまじいまでの発展を遂げ、ついには「日露戦争」で大国「ロシア」を倒すほどになったのです。 その「日露戦争」を勝利に導いたのは、西郷隆盛の従兄弟「大山巌」と、西郷の弟「西郷吉二郎」から教育を施された「東郷平八郎」、そして西郷従道に推挙され「山本権兵衛」らだったのです。 明治天皇は、目に見えぬ形で、西郷隆盛によって支えられていたのではないでしょうか。 その明治天皇が残された「教育勅語(きょういくちょくご)」・・・今の日本でも価値のある、とてもすばらしい教えです。これを「軍国主義の象徴」などと批判する人もいるのですが、決してそんなことはなく、明治天皇が日本をどのような国にしたかったのかが、よくよく理解できる素晴らしい教えなのです。. 〈目次〉序章 西郷隆盛の生涯第一章 薩摩藩の歴史第二章 薩摩藩士西郷隆盛第三章 激動する幕末京都第四章 王政復古の実現第五章 戊辰戦争の勃発第六章 明治政府と西郷隆盛第七章 最後の内乱・西南戦争. 配信開始日 /11/25. 西郷隆盛 西郷隆盛は薩摩藩の代表として、幕府及び各藩の有力人物と折衝する立場にあり、強力なリーダーシップを発揮しました。 そして、大久保利通とともに藩論を討幕に一致させ、藩軍を率いて一気に討幕を果たします。 その過程で余人では成し得ない様々な事を成し遂げます。 西郷隆盛が260年続いた江戸幕府を終わらせたといっても過言ではないのです。 その1「薩長同盟」 幕末において薩摩と長州は天下の雄藩(経済力や政治力があり、勢力の強い有力藩のこと)でした。 しかし、両藩は非常に仲が悪く、京都で起こった合戦(禁門の変)では敵同士として戦うほどになりました。 しかし、土佐藩の坂本龍馬の仲介により、過去のいきさつはさておき、実利をとるために藩内を説得し薩長同盟を締結しました。 薩長同盟の締結により、討幕派は薩長を中心として勢いを得て、討幕の動きが加速していくのです。 その2「江戸城無血開城」 戊辰戦争で新政府軍は各地で幕府軍を破り、江戸を目前にします。 新政府軍は江戸城総攻撃を計画しますが、幕府陸軍総裁の勝海舟が西郷と会談し、攻撃中止のための条件を協議します。 その結果、西郷は条件に合意し、攻撃は中止されます。もし江戸城総攻撃となれば、当時世界最大規模と言われた江戸の町は火の海となり、100万人の江戸の住民の多くは焼け死に、家を失なっていました。 西郷・勝が成し遂げた江戸城無血開城により、江戸の町と多くの江戸の住民を救ったのです。 その3「戊辰戦争」 新政府軍の参謀(実質的な総大将)として京都から東北を転戦し、「戊辰戦争」で新政府軍を勝利に導いています。 庄内藩など幕府側につき、敗れた諸藩には寛大な態度で臨み感謝されています。. 本日の記事をまとめますと ・西郷従道は、西郷隆盛の弟にして、海軍大臣や明治政府の重職を歴任した人物 ・寺田屋事件に関与し、戊辰戦争において各地で転戦 ・西南戦争では、兄・隆盛と対立することとなる ・その後は、兄・隆盛のことを気にして、内閣総理大臣を固辞し続けた 以上となります。 本日は「レキシル」へお越し下さいまして誠にありがとうございました。 よろしければ、また当「レキシル」へお越しくださいませ。 ありがとうございました 「西郷隆盛」「島津斉彬」について、よろしければ以下のリンク記事も、お役立てくださいませ。 ↓↓↓↓↓↓. 西郷隆盛 英雄と逆賊 歴史小説傑作選 (php文芸文庫) (日本語) 文庫 – /5/2 海音寺 潮五郎 池波 正太郎,植松 三十里 (著) 5つ星のうち4. See more results. 日本の歴史上、最後の内戦となった西南戦争。その中心人物とされる西郷隆盛は、明治維新での華々しい活躍から一転、逆賊の名を背負うことになります。この戦争の背景には、どんな出来事があったのでしょうか。今回は、西南戦争が起こった時代背景と経緯、そして西郷隆盛の苦悩について.

薩摩藩出身で、後に「内閣総理大臣」となる「山本権兵衛」は、若い頃に「西郷隆盛」と「大久保利通」と関わった逸話を残しています。 大久保利通は、「人斬り半次郎」の異名を持つ剣豪「桐野利秋」すらも黙らせる威厳があった人です。西郷さんと比べるのは、少し残酷でしょう。 西郷 隆盛 逆賊 また、西郷さんの妻「糸子」さんも、西郷さんについて、こんなことを語っています。 きっと、とても愉快で優しい人だったのでしょう。 それを、明治天皇をはじめ国民誰もが知っていたからこそ、わずか12年で逆賊の汚名を返上できたのかもしれません。. . 紀尾井 (きおい) 坂の変で暗殺された 大久保利通 (おおくぼとしみち) を併せ 「連中が死んだのは自業自得だ、俺は断じて喜ぶぞ」と日記に書きました。. 3 西郷が去っても西郷を大切にする大久保利通.

1池波正太郎「動乱の詩人――西郷隆盛」 2海音寺. ショッピング!880円~ご購入可能です。最安値. 西郷の像がなぜ浴衣姿かというと、逆賊になったという事情があるようです。逆賊なのに、軍服姿はまずいと。 しかし糸にすれば、服装にうるさく、家の中でもきっちりとして、だらしのない服装をしなかった夫です。. 「西南戦争」の直前、薩摩の不平士族の新政府への不満は、もはや西郷隆盛といえども抑えることができないレベルに達してしまいました。 西郷は薩摩士族に自らの身を預け、西南戦争に出陣します。 西郷が西南戦争を起こした理由としては、 ・不平士族を自ら率いることで、内戦の被害を最小限に抑えようとした。 ・政府の腐敗を正すため、力により政府を問いただそうとした。 ・負けた場合には、西南戦争を最後の士族反乱にしようとした。 等が考えられます。 理由がなんであれ、西南戦争は薩摩士族の明治新政府に対する反乱です。 しかし、西郷は当時の人々から逆賊としては扱われず、明治維新の英雄としてその死を惜しまれました。 それは、西郷が維新の大功労者であり、「大久保利通」をはじめとする明治新政府の人々は大なり小なり西郷の恩恵を受けており、西郷の死を逆賊としてではなく、鄭重に尊厳をもって扱ったからです。 「明治天皇」もまた、西郷を愛し、その死を悲しみました。 明治天皇に愛され、絶大な信頼があった事も、西郷が英雄視された理由のひとつです。 西郷は明治天皇のよき教育者であり、明治天皇もよく西郷の言う事をよく聞きました。 西南戦争が始まった際には、西南戦争に至った西郷に同情していたとか。 戦争の結果として、西郷を殺すことになるとは、思ってもいなかったようです。. 「田原坂(たばるざか)の戦い」は、壮絶極まりない戦いでした。 薩摩軍が熊本城攻略戦に苦戦している間に、政府軍の援軍が、熊本城へ近づいていました。 それに対して、薩摩軍は「田原坂(たばるざか)」で迎撃。 政府の援軍が絶対に通らなくてはいけないルート「田原坂」に強力な「防衛ライン」を構築した薩摩軍は、ついに政府軍と激突。 「かちあい弾」と呼ばれる、「空中で弾丸同士がぶつかったもの」が発見されるほど壮絶な激戦を繰り広げた後、薩摩軍は敗北。 熊本城を攻め落とすこともできず、宮崎方面へと徹底していくのです。 「田原坂の戦い」について、詳しく解説させていただきます。よろしければ以下のリンク記事をお役立てくださいませ。.

もうここいらで天にゆだねるよ、と言っているようにも思える、この言葉の意味は何なのでしょうか。 西郷が西南戦争に乗り気でなく、内乱に意味がないことを誰よりも知っていたと言われています。 彼は天皇や政府に牙をむくつもりはありませんでしたが、それでも薩摩の不平士族達の不満のはけ口としてその身を捧げました。 薩軍の倍以上の兵力を持つ政府軍に負けることは明らかで、負けるとわかっていた、死を決していたと思います。 「西南戦争を、最期の士族反乱にしよう」という意志があったのでしょう。 そう思っていたのではないでしょうか。 西郷は薩摩武士を相手に勇敢に戦う「徴兵」された政府軍の兵士を見て と満足気に語ったといわれています。 「敬天愛人(けいてんあいじん)」。西郷隆盛が、盟友「橋本左内」とともに尊敬した学者「藤田東湖」が残した言葉です。この言葉を、西郷もまた大切にし、敵軍にすらも「愛情」を持って接していたということです。 実際に西南戦争は、年の現在においても日本最期の内乱となっています。 西郷隆盛の意志は、盟友「大久保利通」へと委ねられます。 その大久保利通は西郷の死の8ヶ月後、「紀尾井坂の変(きおいざかのへん)」という、過酷な運命を迎えるのです。 「紀尾井坂の変」については、以下のリンク記事を是非お役立てくださいませ。. どのエピソードも西郷と明治天皇の緊密な人間関係が分かります。 西郷は心から明治天皇をおしたいし、熱心にご教育申し上げました。 おそらくですが、西郷は明治天皇に、かつての主君であり名君の誉れ高い薩摩藩主「島津斉彬」公のような「名君」にお成りいただきたかったのでしょう。 そして明治天皇も、親身になって自分を指導してくれた西郷隆盛を心から愛し、信頼していたのです。 西郷 隆盛 逆賊 明治天皇は、後進国であった「日本」を率いられ、明治維新からわずか40年足らずで、超大国「ロシア」を「日露戦争」で撃破するほどの強国へと導かれました。 西郷の教育のおかげなのか、「明治天皇」は「島津斉彬」をはるかに超え、世界史上でも屈指の「名君」へお成りになられたのでした。. 西郷は鹿児島の不平士族(新政府に不満をもつ元サムライたち)にかつぎあげられ西南戦争を起こします。 西郷にとっては、「滅びゆくサムライたち」に愛着があり、自分の体を薩摩士族に預けたのです。 西南戦争では西郷自らが作戦を考えた形跡は、全くありません。 滅びゆく運命の士族とともに自分の最期を迎えようと決めていたのかもしれません。 西郷は鹿児島の城山で死にます。 西南戦争はまぎれもなく新政府への反乱ですが、西郷と薩摩軍の幹部は浄光明寺墓に鄭重に葬られます。 政府への反乱者への扱いとしては異例でした。 そして、一旦は逆徒となりますが、明治天皇や国民から圧倒的な支持を得ていたため、1889年(明治22年)大日本帝国憲法発布に伴う大赦によって西郷の「逆徒」の汚名が解かれます。 西南戦争からわずか十二年で名誉回復が行われたのです。 それをきっかけに、東京都の上野公園に薩摩藩出身者が中心となって西郷像の建設計画が始まりました。 西郷像の建設には宮内省より500円を下賜され、さらに全国2万5千人もの有志の寄付金が集まりました。 反乱を起こしたとはいえ、明治天皇や国民は、西郷が悪ではないことがわかっていたのです。. 西郷が別府達と立て籠もった鹿児島城山は、鹿児島市中央部にある丘です。 前述の通り、西南戦争最後の激戦地であり、国の史跡および天然記念物に指定されています。 「鹿児島市城山」・・・・とても立派な石碑がたてられており、「西郷隆盛終焉の地」とされています。 最期の夜を過ごした「南洲翁洞窟」から300mほど下ったところに石碑があります。「南洲翁終焉之地」と、碑には記されています。 この近くには「敬天愛人の碑」や「西南戦争薩軍本営跡」「私学校跡」「西南戦争弾痕跡」「鹿児島城」「天璋院篤姫像」「五代友厚生誕地」などがあります。 島津氏の本拠地「鹿児島城」のすぐ近くで、西郷隆盛は亡くなります。 西郷 隆盛 逆賊 西郷が慕っていた薩摩藩主・島津斉彬(なりあきら)の祖先に関わる地。そこで西郷が最期を迎えたのも、なにか運命的なものがあるのかもしれません。. . なぜ「西南の乱」「西南の変」ではなく「西南戦争」と名付けられたのでしょうか? どうやら当時の新聞が『西南戦争』と名付けたらしいですね。 「西南戦争」の前に起こった「士族反乱」は、「秋月の乱」「神風連の乱」「萩の乱」など全て「乱」とつけられているのに。 実はこれら「乱」は、全て300人前後の規模でした。対して「西南戦争」は、薩摩軍総勢3万人。まず、規模が違います。 なぜ「乱」ではないのか。 個人的な見解ですが「西郷隆盛」は当時から凄まじい人気を誇る英雄でした。 彼が「乱」や「変事」を起こすという感覚が、新聞はじめ民衆にはなかったのではないでしょうか。 西南戦争で兵を挙げた西郷は、民衆からも熱烈な支持を集めていました。. 西郷隆盛は最後は逆賊になったのに、後世に名誉が回復したのはなぜですか?歴史は勝者によってつくられますよね普通悪人のレッテル張られてもおかしくないのに、今でも大河ドラマになるくら いの存在ですよね 薩長土肥を問わず、賊軍、官軍を問わず、人々に愛されていたからです。敵で.

1877年明治10年1月、政府との行き違いで私学校生徒が暴発。2月15日13000人の兵士が、半世紀ぶりの大雪のなか、東京に向けて進軍。 日本では変革の時に、雪が降るのだとか。「桜田門外の変」で「井伊直弼」が亡くなったときも「大雪」でした。 熊本城の戦いで、難攻不落の名城「熊本城」を落城させられず、かといって船舶も3隻しかなかったため、陸路を行くしかなかったため、薩摩軍は進退窮まります。 戊辰戦争で凄まじい戦果を残し、無敵と考えられていた薩摩軍は、政府軍の拠点だった熊本城を攻撃。 しかし熊本城は、薩摩軍の襲来を予想していた元土佐藩士「谷干城(たにたてき)」により、近代的な戦いを想定した要塞へと作り変えられていたのです。 挙句の果てには、政府軍は「天守閣」へ自ら放火。理由は「戦いの邪魔になる」から。 戊辰戦争で活躍した歴戦の猛者「谷干城」は、政府の援軍を加えた4000名の軍と、数々の補給物資により、薩摩軍の攻撃に頑強に抵抗。 ついに政府軍の援軍が到着するまで、熊本城を守りきります。. 64回(昭和32年卒) 渡部 功 nhkの大河ドラマ「西郷どん」は、西郷の城山での戦死と大久保が清水谷で凶刃に斃れたシーンで終了しました。この西南戦争の結果、以降10余年、西郷隆盛は「逆賊」とされるのですが、明治22年(1889)大日本帝国憲法発布に伴う恩赦によって「逆賊」 西郷 隆盛 逆賊 西郷隆盛はあざやかに討幕を果たし、明治新政府をつくりあげた、まぎれもない英雄です。 明治維新という革命のリーダーです。 同時代の人々からも圧倒的な人気がありました。 ここで歴史を振り返って考えたいのは、同じような革命を果たした人物は、革命後にどうしたかということ。 平家を打倒した源頼朝、鎌倉幕府を滅ぼした足利尊氏、室町幕府を倒した織田信長、彼らはその後、「自分のための独裁政権」をつくりました。 西郷隆盛は江戸幕府を滅ぼし、新政府の陸軍大将として軍隊を握っていました。 しかも人気があったので、西郷の号令で軍隊を意のままに使うことができました。 歴史の仮定として、武力を背景に独裁者になってもおかしくなかったのです。 ところが、西郷は全くそういうそぶりもみせず、権力に執着しませんでした。 なんと戊辰戦争後は、自分の役目は終わったとばかりに鹿児島へ帰って質素な生活に戻っています。 大久保の度重なる要請により、やっと新政府に出仕することとにはなりますが、そのくらい権力欲は薄かった。 新政府の他の役人が豪邸を構えて豪遊する中、西郷は自分の屋敷ももたず、質素な着物を着て書生の様な暮らしをしていました。 派手な遊びもせず、愛犬を連れての「狩り」がなにより好きだったとの事。 当時、西郷がもらっていた給料は、今の価値にすると、「月給1800万円」 しかし西郷はこの大金に全く興味をしめさず、一緒に暮らしていた使用人の「熊吉」に と言ったきり、手もつけなかったとのこと。お金を使ったことといえば、自宅に住まわせていた書生(弟子)の教育費・留学費をだしたことくらい。優秀な若者を育て上げることこそが、日本のため、正しいお金の使い方だと、西郷さんは思っていたのです。 西郷さんは人に優しく、度量が大きく、人の意見をよく聞き、感情が多量にあり、ユーモアにあふれた人柄だったとの事。 きっと偉そうにしたり、上から目線で人を扱ったりすることがなかったのでしょう。 そんな人に愛される資質があった人であり、事実西郷のためなら命も惜しくないという薩摩人に尊敬されていました。 新政府の参議・陸軍大将という重要な役人であるにもかかわらず、清廉潔白で「名誉も金もいらぬ」という人物であったため、国民から圧倒的に支持されていたのです。 後に内閣総理大臣となる薩摩藩出身の「山本権兵衛」さんも、西郷さんのことが大好きだっ. 【明治の英傑たち】西郷隆盛(3)維新の立役者から逆賊に 命も要らず、名も要らず、官位も金もいらぬ人は、始末に困るもの也。 此の始末に困る人ならでは、艱難を共にして國家の大業を成し得られぬなり。.

まず、西南戦争のきっかけについて、軽く触れておきたいと思います。 西郷には、戦争を起こすつもりなどありませんでした。 1874年(明治7年),西郷隆盛は不満を募らせる士族(元サムライ)達の統率と、県内の若者を教育するため、鹿児島県全域に私学校とその分校を創設。その目的は「戦争を起こすこと」どころか、むしろ「戦争をさせない」ことにあったのです。 1876年(明治9年)、近代化を進める明治政府は、「廃刀令」「秩禄処分(ちつろくしょぶん)」のふたつを発布しました。 秩禄とは、華族や士族に与えられた家禄と、維新功労者に対して付与された褒美を合わせた呼び名です。 このふたつは「帯刀」「俸禄の支給」という元武士たちの最後の特権を奪う法律でした。そのため、士族に精神的かつ経済的なダメージを負わせることとなります。 これらが原因となり、私学校に通う士族達が明治政府に対し反抗するようになるのです。 私学校には続々と士族が集まります。大久保利通は「私学校党」を警戒。 薩摩藩に保管されていた「武器弾薬」を他の場所へ移動させる命令を「山縣有朋」「大山巌」にくだし、さらに薩摩出身の警察官たちをスパイとして. 改めて西郷隆盛さいごうたかもりについておさらいしましょう! 西郷隆盛はどんな人? 西郷隆盛 年表 下級武士から明治維新の立役者となるも逆賊扱いとなった波乱の生涯 西郷隆盛は、薩摩藩の下級武士という身分の低い家. Amazonで相川司の西郷隆盛 維新の功臣 明治の逆賊 (中公文庫)。アマゾンならポイント還元本が多数。一度購入いただいた電子書籍は、KindleおよびFire端末、スマートフォンやタブレットなど、様々な端末でもお楽しみいただけます。. 本日の記事をまとめますと ・西南戦争を起こしたにも関わらず、西郷は英雄となりました。それは明治新政府の人々が西郷の恩恵を受けていた事と共に、明治天皇が西郷を愛していたという事も理由のひとつと言えます。 ・西郷は心から明治天皇をお慕いし、熱心に教育申し上げました。そして天皇はそんな西郷を心から愛していました。二人の間には強い信頼関係があったのです。 ・東京都上野公園に西郷像を建てる計画には、全国2万5千人もの寄付が集まりました。西郷の清廉潔白さを全国の人々の間に浸透されていたからこそです。 西郷隆盛は度量の大きな清廉潔白な人物で、周囲の人々には愛情をもって接したと言われています。 そんな西郷を明治天皇も愛しました。その徳望ある人柄で現在でも日本中の人びとから愛されているのです。 以上となります。 本日は「レキシル」へお越し下さいまして誠にありがとうございました。 よろしければ、また当「レキシル」へお越しくださいませ。 ありがとうございました. 西郷隆盛は 西南戦争で朝廷に弓引いた「逆賊」 との思いを持っている人も少なくないでしょう。それは違いました。 それは違いました。 「砂基天皇」の詔勅により「明治維新」を実行 し、それに対する明治偽天皇を明らかにするために、西南戦争を.

西郷隆盛 英雄と逆賊 - 歴史小説傑作選 - 池波正太郎 - 本の購入は楽天ブックスで。全品送料無料!購入毎に「楽天ポイント」が貯まってお得!. 『西郷隆盛が忠臣ですか、逆賊ですか? 西郷 隆盛 逆賊 おい、聞いているではないですか? 知らない? 知らなければ知らないと言わなきゃ。逆賊です。彼を忠臣だったのに逆に立て、自分の歴史を裏にしておいて正義の旗を掲げて、アジア圏で日本が一番だ!と。. 1 西南戦争の勃発、西郷隆盛は逆賊に 4. 西郷は死の直前、身体に「2発」被弾しています。 作家「伊東潤」さんが言うには、ここに違和感が残るのだとか。 通常「薩摩軍総大将」である「西郷隆盛」を撃った人間がいたら、それは大手柄。誰が撃ったか記録があるはず。しかしそれがないのです。 確かに「西南戦争」よりも300年も前に行われた「織田信長」の「桶狭間の戦い」も、敵将「今川義元」を討ち取った「服部小平太」「毛利新介」の二人は、今も名前が残っています。 「伊東潤」さんが言うには、「西郷さんは味方に撃たれた」と考えられるのだとか。 伊東さんの説によると、城山に到着した時、西郷は「死ぬ」つもりなど全くなく、政府軍に降伏して生き残り、西南戦争の意義を国民に問いたいと考えていたのだとか。 しかし、側近「桐野利秋」と「村田新八」は、それに反対。 敵に西郷さんをわたしてしまうと、西郷は生き恥をさらし、「晩節を汚す」こととなる。二人はそれを恐れたのだとか。 そのため、二人は「西郷」を一発ずつ狙撃。二発被弾した西郷は倒れ込み、斬首。 桐野利秋と村田新八は、そう考えていたのかもしれません。. 西南戦争で戦死した、 西郷隆盛 (さいごうたかもり) と翌年に.

●ある時、明治天皇が馬場で練習していたとき、落馬してしまいます。 思わず「痛い」とうめいた明治天皇に、西郷は馬上から天皇を見下ろして とたしなめたそうです。 その後、天皇は病床でも、いっさい苦痛を訴えなかったそうです。 2回ほど総理大臣をつとめた「西園寺公望」は、天皇から と言われたとか。 西郷が天皇の中に深く刻み込まれていたのでしょう。 ●明治天皇が少年の頃、言うことを聞かない天皇に対して西郷は と叱りつけると、たちまちおとなしくなったという話があります ●西郷は相撲にかこつけて明治天皇をなぐり、女官あさりをやめるように忠告したというエピソードもあります。 ●西南戦争での西郷の死の知らせを聞いた明治天皇は、翌年・西郷の追悼歌会を開き、皇后以下女官たちへ「西郷隆盛」というお題で和歌を詠むように命じました。 その際、西郷隆盛の罪を入れることは禁じられたそうです。 天皇に対して反乱を起こした逆賊であるはずの西郷を、歌の題にする・・・西郷を信頼していた明治天皇の大御心がうかがえます。 ●日露戦争のあと と明治天皇が言って、涙を流したそうです。.

西郷 隆盛 逆賊

email: [email protected] - phone:(989) 258-8312 x 9210

出口 なお - Brain swap

-> Stata interaction
-> 打 たれ 強い 意味

西郷 隆盛 逆賊 -


Sitemap 4

乃木坂 全曲 曲 数 - リセット ハツコイ